ワイルドジャングルで億万長者!最高賞金1億円以上!TOP > ワイルドジャングルで稼ぐ秘訣とは? > ワイルドジャングルのセカンド入金ボーナスとは?

ワイルドジャングルのセカンド入金ボーナスでリベンジ!

ワイルドジャングルのセカンド入金ボーナスは、初回入金ボーナスで惜しくもゲームに負けてしまった人のために、再度チャンスを与えてくれるプロモーションです。

初回入金ボーナスについては、右のメニューから該当ページをごらんになっていただきたいのですが、最高で800ドルが支給されます。そして18倍の賭け金でプレイする必要があります。

それにたいしてワイルドジャングルのセカンド入金ボーナスは、最高300ドルを上限として、100%のボーナスが支給されます。

たとえば、あなたがワイルドジャングルカジノで、もし仮に負けてしまったとして、再度200ドルを入金したとします。すると300ドル以下ですから、100%ということで、200ドルのセカンドボーナスがつきます。合計で400ドルになるというわけですね。

もしあなたが2回目に、600ドルのチップを購入したとすると、上限の300ドルを越えているので、ワイルドジャングルのセカンド入金ボーナスは300ドルとなります。合計で900ドルを資金源として、あなたはスロットゲームをプレイできるということになります。

ただし、初回入金ボーナスと同じようにセカンド入金ボーナスにおいても、条件をクリアする必要があります。そうしないと、入金したお金とボーナス、勝ち金は、あなたのものであって、あなたのものではないという状態になってしまいます。

(入金額+セカンド入金ボーナス)×15倍の賭けを行わないと、ワイルドジャングルのキャッシャーからは、1ドルたりとも引き出せません。反対に、15倍以上の賭けをクリアしさえすれば、あなたが入金したぶんは当然として、セカンド入金ボーナス分や勝ち金もすべて引き出せるようになります。

ただし、この15倍の賭けという条件は、どんなゲームをしてもよいというわけではありません。

初回入金ボーナスでも同様ですが、ワイルドジャングルのセカンド入金ボーナスにおいても同様に、除外ゲーム、特別条件ゲーム、禁止ゲームというものがあります。これらをしてしまうと、賭け金として換算されなかったり、せっかくためた勝ち金やボーナスがすべて没収されてしまう危険があるので、要注意です。

くわしくは、ワイルドジャングルカジノの公式ページをご覧になってください。
上段、左のほうにある「プロモーション」をクリックすると詳細が書かれています。

→ ワイルドジャングルの公式サイト

いちおう書いておくと、ワイルドジャングルの禁止ゲームとは、

ライブルーレット、ライブバカラ、ライブシックボ→いわゆるライブゲーム。
そのほかにふつうのバカラ、クラップス、ルーレット(全ての)、シックボ、ブラックジャックスイッチ、ブラックジャックサレンダーも対象となります。

同じブラックジャックでも禁止ゲームになったり、ならなかったりします。
サレンダーとスイッチ以外のブラックジャックをプレイした場合は、特別条件ゲームとみなされ、賭け金の50%ぶんしか加算されません。(それでも没収はされないので、スイッチやサレンダーよりは、マシかもしれませんね)

またビデオポーカーやスロットのダブルアップやギャンブル機能は、除外ゲームとなり、条件クリアのための賭け金としてはカウントされません。

ワイルドジャングルのセカンド入金ボーナスと初回入金ボーナスの違いは、18倍と15倍という部分と、もらえるボーナス額の部分が異なっている程度です。

当然のことながら、相反する場所にかけたり、すべてのポジションにかけるオポジットベットは禁止されています。それ自体、違反であるのは当然として、セカンド入金ボーナスや換金したコンプポイントが、すべて没収されてしまうので注意しましょう。

また2回目の入金をしたら、チャットやメールでサポートスタッフに、セカンドボーナスがほしいということを伝えましょう。そうすると、すぐにあなたのキャッシャーに反映してくれます。申請しないと加算されません。

以上のように、ワイルドジャングルのセカンド入金ボーナスは、いろいろな制約があるものの、上手に活用すれば、負けを挽回できるチャンスといえます。しっかりゲットして、ワイルドジャングルで億万長者を目指しましょう!

なお、下のリンク先から申請していただいたかたには、リアルプレイモードに登録しただけで、30ドル(約2400円)のボーナスを差し上げるキャンペーンを行なっています。つまりお金をかけずに、一攫千金を狙えるというわけですね。

もちろん初回入金ボーナスとの併用もできますので、かなりの資金でスロットゲームをプレイできることになります。特別ボーナスを獲得できるこのチャンスを逃さないようにしましょう!